--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/01/15

干支の山 「犬岡山」(いぬかやま)

今年は戌年。
いぬの付く山はそれほど多くなく、関西では犬鳴山が有名である。

犬岡山には、ずいぶん前に2回ほど登っている。
登るというよりは、ちょっと歩いたという方がいいかもしれない。
153.6mの低山で、中学の時、毎日眺めて過ごしていた。

18_1_15_inuka (52)(1)
(南西からの犬岡山)
明治山という名前は明治以降につけられたようで、地元では「いぬかやま」と親しみを込めて呼ばれている。

18_1_15_inuka (3)(1)
さくら公園に車を停め、犬岡の普門寺へ。
ここが東の登山口である。
地元の方が里山整備をされ、標識や登山道が整備されている。


18_1_15_inuka (6)(1)
石段を上がると左に地蔵堂があり、その裏手に登山道がある。


18_1_15_inuka (12)(1)
笹が刈られた登山道を登っていくと尾根に出る。
右にいくと、すぐに四等三角点の山頂(153.6m)である。
東に霧山が見える。
すぐ下は加古川と豊岡道。
ひっきりなしに車の音が聞こえる。

三角点を設置するときに古墳が見つかったと看板に書いてある。

18_1_15_inuka (27)(1)
(とりで跡)

18_1_15_inuka (26)(1)
(とりで跡の看板)

「里山の道」の標識が随所に立てられている。
標識に導かれるように歩いていくと西のピークに出る。
ここには、「とりで跡」の標識。

普門寺の裏山も城跡で、グーグルマップを見ると、「犬岡城・南曲輪跡」という表示がある。

18_1_15_inuka (33)(1)
さらに西へ歩くと、愛宕神社へ着く。
子ども用だろうかブランコもできている。
山全体を子どもたちの遊び場としようと整備されているのだろう。
地元の小学生の登頂標識も残されていた。

18_1_15_inuka (34)(1)
しめ縄の上に説明板が設置されている。
以前は何もなく、静かなお社だったが・・・。


18_1_15_inuka (44)(1)
愛宕神社から下りていくと西の登山口である。
手軽に干支の山に登れるので、もう一座、丹波の山を歩くのもいいのでは(^^♪

18_1_inuka_tizu.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

以前にも明治山と云うのを聞いた気が
してますが・・・読み飛ばしていたと
思います・・・
ところが、今回桜公園に駐車・・・の
文章で・・・えっ!・・・ですわ・・・
清住へ行くときも、いつも田んぼの中
の一本道を突き当りまで行ってますか
らねぇ~
昨日も四季菜館にも立ち寄ってました
のに・・・次回はしっかり見ておきま
す・・・(登るとは云いませんけど)

No title

もっさん こんにちは(^^)/
ぜひ、歩いてください。
さくら公園から歩いてもすぐです。

昨日、四季菜館に来られてたんですか。
次回来られた時は、ぜひ犬岡山へ登ってみてくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。