2016/02/01

扁妙の滝から笠形山へ

大寒の頃から冷え込みが厳しくなってきた。
笠形山山麓にある扁妙の滝も凍っているのではないだろうか。

加美区から高坂トンネルを抜けてと神河町へ向かう。
高坂トンネル手前の松が井の水では車が2台停まっている。
旧高坂峠の松が井の水へはずいぶん前に行ったことがあるが、今はどうなっているのだろう。

トンネルを抜け、しばらく走って、根宇野のグリーンエコー笠形へ。
ここへ来るのもずいぶん久しぶりだ。

雪はほとんどなく、キャンプ場の駐車場まで上がることができた。
駐車場には、すでに7,8台の車が停まっている。
出発しようとしたとき、グリーンエコーの軽トラ上がってきて、職員さんが降りてこられる。
凍結の様子を尋ねると、
「今日までくらいではないでしょうか。」とのこと。
我々の後を歩いてこられる。

16_1_kasagata (2)(1)
子育て観音から職員さんの後ろを歩く。

16_1_kasagata (3)(1)
オウネンの滝は凍らず水が流れている。

扁妙の滝まではアイゼンは必要ないが、石の上は滑らないように慎重に歩く。

16_1_kasagata (12)(1)
静まり返った谷の奥に凍った扁妙の滝が現れる。
10人ほどのカメラマンがベストアングルを探したり、ファインダーを覗いたりしている。

凍結した滝周辺は荘厳な雰囲気が漂っている。

16_1_kasagata (14)(1)
滝からは急な鉄のはしごを登る。
凍結していたら滑るのでいややな、と思っていたが、雪が少しあるくらいだった。

登りきって左へ行くと滝見台だが、右へ進んで急な道を登っていくと、登山道の三合目に出る。

そこからは登山道を歩く。

徐々に雪の量が増えるが、アイゼンを付けなくても歩けるほどだ。

16_1_kasagata (24)(1)
5合目近くまでくると、沢が凍っている。
氷の下を水が流れる様は見ていておもしろい。

5合目から少し谷を歩くと、植林の中の急登。

6合目を過ぎるとなだらかな道になる。

アセビの茂る道を登っていくと、笠の丸からの尾根に合流。
尾根は風が吹いて少し寒いが、日が差して暖かい。

16_1_kasagata (35)(1)
去年の冬、このあたりはアイスバーンの上に薄く雪が積もって滑りやすかったが、今回は歩きやすい。

16_1_kasagata (37)(1)
急な登山道を登りきると、誰もいない山頂。
白い雪がまぶしい。

16_1_kasagata (39)(1)
北に少し霞んだ千ヶ峰。

16_1_kasagata (44)(1)
南はさらに霞み、笠の丸が見えるだけ。

下りは「せっかく持ってきたのだから。」とアイゼンを付ける。

下っていると、何組もの登山者と出会う。
最初は人数を数えていたが、多くてそのうち数えられなくなる。

5合目を過ぎたあたりでアイゼンをはずし、登山道をおりていく。

登山口近くにはグランドゴルフ場ができている。

16_1_kasagata (54)(1)

駐車場に戻ると、車の数はさらに増え、満車状態に近かった。



16_1_kasagata_aps.jpg
aprsの軌跡。
歩いていないところが表示されていました。













スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

良く凍っていますね

雪は少なくても気温は低かったのでしょうね。良い景色が待っていて良かったですね。お疲れ様でした。

Re: 良く凍っていますね

bhnさん こんにちは(^^)/

> 雪は少なくても気温は低かったのでしょうね。良い景色が待っていて良かったですね。お疲れ様でした。

行った日の数日前からかなり冷え込んでいたので、そろそろ結氷しているのでは、と思っていってみました。
新聞に掲載されたようで、この日もたくさんの方が来られていました。

行った日の前日がいちばんよく凍っていたのではないかと思います。

No title

雪山、地元とは思えない雰囲気ですね。
昔の播州峠もこんな感じでした。
車で峠越えをした時、後部席の友人が眠っていて、峠でめを覚まして「ここ、どこ?」
「信州!」と言ってからかったものでした。
篇妙の滝は凍っているだろうなと思っていたら、神戸新聞の第一面に写真が載っていました。
滝見の師匠さんも行かれたようです。
たぬきさんもお会いになったかも?

ところで、31日に村の神社の掃除に行ったら、土曜日に千ガ峰で滑落事故があったと言う話題が出ていました。
救急車などが走って、ちょっと騒ぎになったそうです。
新聞などメディアには出ていなかったので大事にならなかったのでしょうね、きっと。
たぬきさんも足許には気をつけて下さいね。

Re: No title

Junさん こんばんは(^^)/

> 雪山、地元とは思えない雰囲気ですね。
> 昔の播州峠もこんな感じでした。
> 車で峠越えをした時、後部席の友人が眠っていて、峠でめを覚まして「ここ、どこ?」
> 「信州!」と言ってからかったものでした。

雪が降ると、いつも見ているところでも違うところに見えますね。

> 篇妙の滝は凍っているだろうなと思っていたら、神戸新聞の第一面に写真が載っていました。
> 滝見の師匠さんも行かれたようです。
> たぬきさんもお会いになったかも?

扁妙の滝、Junさんと同じように、篇 と書いておられる方もおられますが、正しくは「篇」なのでしょうか。
神河町、グリーンエコー笠形のHPでは、「扁」が使ってあるのですが・・・。

その師匠の方は、いつ行かれましたか?
私は27日です。
 

> ところで、31日に村の神社の掃除に行ったら、土曜日に千ガ峰で滑落事故があったと言う話題が出ていました。
> 救急車などが走って、ちょっと騒ぎになったそうです。
> 新聞などメディアには出ていなかったので大事にならなかったのでしょうね、きっと。
> たぬきさんも足許には気をつけて下さいね。

そうなんですか!
三谷コースでしょうね。

遭難は、山の高低ではなく、どんな山でも起きうると、いつも心に置いて歩いています。
山岳雑誌「山と渓谷」最新号の特集は山の遭難についてでした。


No title

いつの間にか、扁妙の滝に竹が生えていましたね(笑
以前、滝の師匠がHPに竹冠で書かれていて、私が扁で書き込みをすると、「そっちが正しいと思う」と直されたのですが、その後の記事にも扁と篇が混在しているので、多分PCの候補を確認せずに書き込むと言うミスを、師匠も私もしているのでしょう。
これから気をつけます。

ネット上を見ると、編や偏で書いている人もいますが、あれも変ですね(笑

凍った川の写真、とても綺麗です。
何度か信州にスキーに行きましたが、あちらで川が凍っているのは見た記憶がありません。川が深いからでしょうか。
湖は凍っていましたね。
諏訪湖の御神渡り、一度見てみたいです。
でも、その前に扁妙の滝の氷瀑も見ないと・・・

Re: No title

Junさん こんにちは(^^)/

> いつの間にか、扁妙の滝に竹が生えていましたね(笑
> 以前、滝の師匠がHPに竹冠で書かれていて、私が扁で書き込みをすると、「そっちが正しいと思う」と直されたのですが、その後の記事にも扁と篇が混在しているので、多分PCの候補を確認せずに書き込むと言うミスを、師匠も私もしているのでしょう。


扁妙の滝には竹は生えていなかったように思います(^^)
但馬の方でも書いておられる方がありましたので、正しくはそうなのかな、と思った次第です。


> 凍った川の写真、とても綺麗です。
> 何度か信州にスキーに行きましたが、あちらで川が凍っているのは見た記憶がありません。川が深いからでしょうか。
> 湖は凍っていましたね。
> 諏訪湖の御神渡り、一度見てみたいです。
> でも、その前に扁妙の滝の氷瀑も見ないと・・・

笠形山の沢は深くありませんし標高も扁妙の滝よりも高いところにあるので、凍ることもあると思います。
いっぺん、扁妙の滝を見に行ってみてくださいね(^^)/