--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/01/15

朝の散歩は、田路・母坪裏山ミニ縦走

11年前に、穂壺城址から南の尾根を歩いたことがある
その尾根の一部を反対向けに歩いてみた。

16_1_11_tazi (3)(1)
登り口は先日下りてきた田路の天王山公園。

16_1_11_tazi (5)(1)
植林だが、雰囲気のいい尾根。

16_1_11_tazi (7)(1)
しかし、東西の短い尾根は、倒木が多く、少しの間、またいだりくぐったりしながら歩く。

16_1_11_tazi (8)(1)
下ったところは田路と北山を結ぶ峠。
「新井村」の標柱が倒れている。

峠から登ると主尾根と合流する。
倒木もなく、歩きやすい。

16_1_11_tazi (13)(1)
Ca180mのピークの北側に鉄塔があり、北方面に展望が開けている。
穂壺城址、安全山、水山、弘浪山、霧山など、氷上盆地を取り巻く山々を一望。

16_1_11_tazi (14)(1)
下ったところは、田路の観音寺さんからの峠道
稲畑へ通じているようだ。

年輪の里からラジオ体操の音楽が聞こえる。
父たぬきはそれに合わせて体操(^^)

16_1_11_tazi (19)(1)
少しの間は巡視路で歩きやすいが、巡視路は次のピークの東側へと別れる。

登ったピークの北面は伐採地。
いつも麓を歩いていて仰ぎ見ているところだ。

北や東に展墓が開け、霧山、権現山、向山が一望。

16_1_11_tazi (17)(1)
伐られた木が尾根をふさぐ。
歩きにくいが少しの辛抱。

16_1_11_tazi (21)(1)
下って少し登り返すと妙見さんである。
お参りして、集落へ下りる。

16_1_11_tazi (22)(1)
歩いたところを眺めながら、年輪の里へ向かう。


16_1_11_tazi_tizu.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。