--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/01/07

丹波の森公苑裏山を歩く

丹波の森公苑は山で囲まれている。
これまで何度も歩いている。

ことしの初歩きは、この裏山を周回。

16_1_2_mori_tizu.jpg
駐車場に車を置き、東の尾根に取りつく。

16_1_2_mori (2)(1)

遊歩道を歩いて行くと、東屋に出る。
テーブルの上に缶が置いてあり、その中にノートがあったので記帳する。

ちがうルートで単独男性が登って来られたので、我々も出発する。
鹿柵の扉を開けて、柵の外に出る。
ここからは急な尾根になる。

16_1_2_mori (7)(1)
ロープのかかる岩の多い尾根はなかなかおもしろい。

16_1_2_mori (12)(1)
東の頂上(377m)に到着。
PM2.5なのか、霞みがひどい。

16_1_2_mori (13)(1)
西には、高見城山や坊の奥。
篠ヶ峰も霞んでいる。
気温が高いので、風が心地いい。

16_1_2_mori (17)(1)
尾根を西に歩く。


16_1_2_mori (19)(1)
低い灌木の中の快適な道。

16_1_2_mori (27)(1)
西の頂上、到着。
あまり展望はないが、東に譲葉山がそびえている。



16_1_2_mori (30)(1)
西の頂上からは二手に尾根が分れていて、西に進むと悠遊の森や石龕寺へ行くことができる。

森公苑へは、北の尾根を下る。

16_1_2_mori (33)(1)
こちらの尾根も歩きやすい。

16_1_2_mori (37)(1)
広い道になると公苑は近い。

鹿柵を開けて、公苑内へ戻る。

16_1_2_mori (41)(1)
1時間半ほどでぐるーっと周回できるので、散歩には最適なコースだ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。