2015/06/17

同級生といっしょに三田へ (お花編)

おんぼらあとの店内にあるお花を写させていただきました。

フラワーアレンジメントの教室もされているようで、その先生がお客様として来られていました。

15_6_15_ (7)(1) 15_6_15_ (8)(1)

15_6_15_ (31)(1)

15_6_15_ (33)(1) 15_6_15_ (34)(1)


15_6_15_ (26)(1)

15_6_15_ (36)(1)
これらのお花は、その先生が生けられたものです。
野にある花なども使い、素敵に生けられています。

お花の名前を聞きましたが、早や忘却の彼方へと・・・(^^ゞ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忘却とは忘れ去る事なり忘れずして忘却を誓う
心の寂しさよ。菊田一夫作「忘却の花びら」より。アッ・・シマッタ年がバレタか、まァ~いいか、これを理解出来る人は当方と同年代か?

Re: タイトルなし

GTRさん おはようございます(^^)/

> 忘却とは忘れ去る事なり忘れずして忘却を誓う
> 心の寂しさよ。菊田一夫作「忘却の花びら」より。アッ・・シマッタ年がバレタか、まァ~いいか、これを理解出来る人は当方と同年代か?

さすがによくご存知ですね(^^ゞ
最初の一行はよき聞いたり見たりしますが、「忘却の花びら」は初めて知りました(^^)