2015/04/07

春日歴史探訪 その1

午後から高校の同級生Mくんに案内してもらい、春日町の寺社などをまわってきました。

行き先は、兵主神社 稲荷古墳

Mくん、Sくん Tちゃん、そして私の4人がまず向かったのは兵主神社。
左近の桜が見事なので、とMくんのお薦めスポットです。

15_4_7_kasuga (2)(1)
形の良い枝垂れ桜が、まだ散らずに待っていてくれました。
右近の橘はこれから花が咲くようです。

ここの彫刻は、中井一統のものではなく、作風も細い繊細なものでした。

裏手に回ると、樹齢300年(兵庫県第一位)のオガタマノキが本殿を守るように高くそびえていました。

「こっちの方がパワースポットなんや。」というMくんのあとについていくと・・・

15_4_7_kasuga (7)(1)

15_4_7_kasuga (8)(1)
厄除神社と書かれたお社の後ろに大きな岩。
この岩がご神体のようです。

社叢の中にいると、何かパワーがもらえるような気がしました(^^)

15_4_7_kasuga (13)(1)
鏡石

15_4_7_kasuga (16)(1)
大きな木の株
神社にあった木の株らしいのですが、何の木なのでしょうか・・・・。

奥さまが出てこられ、丁寧にあいさつをしてくださり、見送っていただきました。

次は、長王の稲荷古墳です。

15_4_7_kasuga (18)(1)

15_4_7_kasuga (20)(1)

15_4_7_kasuga (21)(1)

15_4_7_kasuga (27)(1)
古墳を抱くように山桜の古木が天に向かって伸びています。
樹齢300年ほどだそうです。
目通り幹囲4,12m 樹高27m
はらはらと花びらが舞い落ちてきます。
ゆっくりゆっくりと・・・
「青空やったらよかったんやけど・・・。」

ソメイヨシノもきれいやけど、人知れず咲く山の桜もいいね。

これで予定していたところの見学が終わりましたが、ちょっと寄り道・・・。

尚、丹波志の兵主神社の項には、「社裏に影向石というあり」 とあり、この石が今日見た大きな岩なのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続きます(^^)/





  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント