2015/02/06

白山~妙見山を歩く その3

12:10 まばおを出発。
南に少し下り、山腹を巻く道を妙見堂へ。

15_1_25_hakusan_myoken (59)(1)
祠が新しくなっているように思うが、以前来た時もこんなんやったかな?

妙見信仰の説明が詳しく書いてある。
やまあそさんがよく言っている妙見直列のことがかいてないね。
7月の土用の丑の日に、星祭が行われ、牛を連れておまいりしていたとあるが、こんなところまで牛は歩いただろうか。
昔の牛は農耕用だったので、案外、丈夫やったかも?

妙見堂からつえたてまではほんの数分。
ここから南に延びる尾根を下る。

15_1_25_hakusan_myoken (65)(1)
かぎかけ岩とかかれた岩。
以前はこんな標識はなかったなぁ。

15_1_25_hakusan_myoken (71)(1)
ウラジロやコシダの道を下りる。

15_1_25_hakusan_myoken (75)(1)
右手に白山が見える。
山頂で出会った方たちはもう着いておられるだろう。

傾斜が緩むと登山口も近い。

15_1_25_hakusan_myoken (86)(1)
13:10 住吉神社に下り立つ。

住吉神社にお参りし、秋谷池に戻る。

15_1_25_hakusan_myoken (94)(1)
振り返ると、柔らかな陽ざしに包まれた白山・妙見山が私たちを見送ってくれているようだった。

久しぶりに歩いたコースだったので忘れていたことも多く、新鮮な気持ちで歩くことができた。

15_1_hakusan_myoken_tizu.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

妙見堂

意外に元のままのようですが。
時期も同じ頃、2004/2/22に行ったときの写真と変わっていないように見えました。風雪に耐えるものなんですね。

Re: 妙見堂

bhnさん こんばんは(^^)/

> 意外に元のままのようですが。
> 時期も同じ頃、2004/2/22に行ったときの写真と変わっていないように見えました。風雪に耐えるものなんですね。

やはりそうでしたか!
私も過去のレポートを見ると、同じような佇まいでした。
木材が新しいと思いましたが、そのままの姿をずっと保っているのですね(^o^)