--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/02/05

白山~妙見山を歩く  その2

白山から妙見山へ向かう。

15_1_25_hakusan_myoken (47)(1)
行く手に妙見山が姿を現す。

多少のアップダウンはあるが、ピークを巻いているところもあるので、歩行が捗る。

雑木から植林に変わると、妙見山も近い。

15_1_25_hakusan_myoken (50)(1)
大きな看板の立つ十字路に着く。
左に下りると黒田集落。
初めて妙見山へ来た時は、この道を登ってきた。
右へ歩くと、つえたてを経由して門柳への道である。

十字路からまっすぐに妙見山へ向かう。

15_1_25_hakusan_myoken (52)(1)
急な傾斜の尾根を登りきると妙見山山頂(622m)。

三角点の近くには、小さな祠と山南町谷川の方が建てられた小さな鳥居。
手を合わせて、展望のない山頂からまぼおへ歩く。

途中で、女性の3人連れに出会う。
これから白山へ向かわれるとのこと。

妙見山は8年ぶりである。
8年前には、山南町の首切り地蔵尊から歩いている



15_1_25_hakusan_myoken (56)(1)
まばおからは南に眺望が開けていたが、その頃よりも木々が大きくなり、展望が狭くなっている。
それにこの日は霞んで遠望が利かない。

陽が当たりあまり風もこない。
さて、お昼ご飯にしよう。

食べ終えて、何度かコールしているLNWさん、IXWさんを無線でコールすると、須磨アルプスのMXFさんが応答してくださる。
しばらくお話し、お互いの様子を伝え合う。

無線を終えたころ、ラジオの音とともに、ご夫婦連れが登ってこられる。
三木の方らしい。
少しお話をして、入れ替わるように下山をする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続きます(^^)/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。