2015/01/19

河内城址から鎌倉山 (加西市)

鎌倉山はこれまで何度か歩いている。
初めてきたのは、やまあそさんのオフだったと記憶している。

河内城址は、HPの記録を見ると、7年前に一人で来ている。

行者道が整備され、訪れる人も多い。

今回は、河内ふれあいの森の登山口の六處神社から河内城址に登り、鎌倉山へと歩く。

15_1_5_kamakura (3)(2)
六處神社にお参りする。
拝殿の後ろにある本殿の装飾彫刻。
なかなか立派な彫刻だ。

15_1_5_kamakura (10)(1)
ふれあいの森は整備された道が続く。
途中には、7年前にはなかった(と記憶している)東屋ができている。

15_1_5_kamakura (16)(1)
30分足らずで河内城址に着く。
以前は木でできていた城址の見取り図もリニューアルされている。

15_1_5_kamakura (20)(1)
西郭から東郭を眺める。

南方面は霞んで遠望が利かない。

さて、鎌倉山へ。

15_1_5_kamakura (29)(1)
8分ほど歩くと、三角点のある297.4mピーク。
ここから見る鎌倉山の形がいいね。

登山道は以前よりも歩きやすい。

15_1_5_kamakura (41)(1)
いくつかのピークを上り下りするが、鎌倉山の南にある2つのピークの登りはけっこう急だ。

Ca360の南斜面は植林の中の急登。
ロープがかけてあるので、それを利用する。
以前来た時はなかったが、と古いレポートを読み返すと、そのときにはすでにロープが設置してあった。

次の山頂手前のCa410ピークも急である。
滑りながら登っていく。

15_1_5_kamakura (46)(1)
河内城址から1時間あまりで鎌倉山に着く。

双眼鏡に屋根が造られて、山頂はまたまた様変わり。

15_1_5_kamakura (51)(1)
変わらないのは、法起菩薩さまの姿。

15_1_5_kamakura (58)(1)
南の展望。
歩いてきた河内城址と尾根が眼下に見える。

15_1_5_kamakura (62)(1)
北には白い笠形山。
千ヶ峰は霞んで見えない。

山頂をあとにして、柳峠へ向かう。

15_1_5_kamakura (65)(1)
山頂から少し北にある孔雀明王。
初めてここを歩いた時に、やまあそさんに説明してもらったがすっかり忘れている。

15_1_5_kamakura (73)(1)
行者道をぐるーっと周回したかったが、柳峠から鎌倉谷へ下る。
柳というのは、北にある八千代区柳という集落の名前からきているようだ。

15_1_5_kamakura (78)(1)
植林の中のつづらおれの道を下りていく。

池のほとりを歩き、しばらくすると鎌倉寺からの道に出会う。

15_1_5_kamakura (90)(1)
振り返ると、鎌倉山の西の覗きの磨崖仏がよく見える。
私たちをじっと見守っているような感じだ。


15_1_5_kamakura (98)(1)
鎌倉山を振り返りながら、ぶらぶらと村の中を歩き、六處神社へ戻る。

次回は、周回してみたい。

山行タイム
六處神社9:00~河内城址9:30-9:45~鎌倉山10:50-11:25~
柳峠11:45~六處神社12:30

15_1_kamakura_tizu.jpg






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

この地図を見て思い出した・・・
私たちは鎌倉谷を次回降りようと云いながら・・・
未だ、行ってない・・・

Re: No title

もっさん おはようございます(^^)/

> この地図を見て思い出した・・・
> 私たちは鎌倉谷を次回降りようと云いながら・・・
> 未だ、行ってない・・・

柳峠からは歩きやすい(この山域はどこもあるきやすいですが・・・)道です。
ぜひ、歩いてみてください。

行者堂までは、やまあそオフで歩いたことがありますがその時だけなので、また歩いてみたいと思います。


季候が良くなったら・・・・

がいな製麺と合わせて行ってみようかな。
修験道の山のようですね、結構きつそうな斜面があってしんどそう。

Re: 季候が良くなったら・・・・

bhnさん こんばんは(^^)/

> がいな製麺と合わせて行ってみようかな。
> 修験道の山のようですね、結構きつそうな斜面があってしんどそう。

ぜひお出かけください(^^)

それほどきつくはありません。
bhnさんなら、するするっと登っていかれると思います。
普光寺から歩くことも多いです。

がいなからなら近いですね(^^)