--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/11/22

黄葉の阿瀬渓谷から金山峠へ

阿瀬渓谷は、春にはよく歩いているが、秋に歩いたことはない。
金山廃村から金山峠まで歩き、蘇武岳をめざす。

神鍋高原の山々はまだ黄葉には早いようだ。

車はキャンプ場近くで通行止め。

14_11_16_sobu_ (1)(1)
路肩の広い所に車を停めて用意していると、マイクロバスがやってくる。
加古川からのバスのようだ。

30人ほどの人たちが準備運動をしている。
「加古川ハイカーズクラブ」というグループらしい。
阿瀬渓谷から蘇武岳、そして名色へ下りられるという。

あいさつをして先に出発する。

14_11_16_sobu_ (8)(2)
源太夫滝が勢いよく流れている。

14_11_16_sobu_ (12)(1)

14_11_16_sobu_ (15)(1)

14_11_16_sobu_ (20)(1)
大小さまざまな滝を眺めながら渓谷沿いを歩く。

14_11_16_sobu_ (23)(2)
お不動さん近くの山に陽がさして、黄葉の山々が輝く。

14_11_16_sobu_ (34)(1)
不動滝の上の栃の木は葉を落としているが、紅葉がいい色に染まっている。

14_11_16_sobu_ (38)(1)
下に不動滝を見ながら金山不動へと歩く。

14_11_16_sobu_ (52)(1)
金山廃村に到着。
東屋は分校跡に作られ、その当時を思い出させるものが少なくなった。

14_11_16_sobu_ (56)(1)
東屋の前にある柿の木。
熊が食べたのか、かじったあとのある柿が散乱している。

14_11_16_sobu_ (74)(1)
金山廃村を後にし、金山峠をめざす。
渓流には、丸太で橋が作られている。
これまでは一か所だったが、上流にも架けられている。


14_11_16_sobu_ (78)(1)
満願の滝を巻く道は落ち葉の絨毯。

14_11_16_sobu_ (85)(1)
ミズナラの古木もいい色になっている。

14_11_16_sobu_ (92)(1)
歩き始めて2時間、金山峠に着く。
周りの様子は変わってしまったが、お地蔵さまだけは変わらずそこにあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続きます(^^)/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。