2014/07/14

一万度祭り

京都では祇園祭が始まりました。

丹波のいそべ神社ではこの時期、一万度祭りが行われます。
謂れなど、詳しいことはわかりませんが、雨乞いと五穀豊穣を祈るお祭りのようです。

14_7_13_itiman (2)(1)

14_7_13_itiman (4)(1)
本殿の中では、神事が行われています。

14_7_13_itiman (5)(1)
そのあと、本殿と鳥居を走り(歩く?)ます。
このお箸のようなものをもらい、往復するたびにこのお箸を置いていき、なくなれば終了です。

14_7_13_itiman (6)(1)s

14_7_13_itiman (8)(1)
桶の中には水が入っていて、走っている人に水をかけます。

父たぬきが子どもの頃には、子どももたくさん参加していて、走ると鉛筆をもらえたそうです。
今は大人ばかりで、もっと子どもたちにも呼びかけんとあかんなぁ、という話が出たそうです。

いそべ神社では、秋の大祭に匹敵するほどのお祭りだそうですが、秋のお祭りに比して、さびしい感じがします。

久しぶりに参加した父たぬきの感想でした。

尚、一万度で検索すると、「祓の詞を神前で一万度奏し,罪を祓い清めること。万度祓。」とあります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント