2014/07/05

扇の山の滝

畑ヶ平の登山口まで、岸田川沿いの林道を登っていきます。
その途中にある滝です。

14_6_29_ougi (2)(1)
お面ヶ滝

14_6_29_ougi (96)(2)
鶴滝

14_6_29_ougi (4)(1)
鶴があれば、亀滝もあります。

有名な霧滝、そして猿壺の滝は、道路から歩いて入っていきます。
これらの滝もまた行ってみたいと思います。

「扇の山の周辺は滝が多いねえ。」と言う、と扇の山は火山台地やから、スパッと切れ落ちているので滝が多い、と父たぬき。
帰って調べると、300万年ほど前に活動した単成火山群で、新生代第四紀更新世に玄武岩質の溶岩を流出したらしい。
扇の山自体は火山ではありませんが、いくつかの火山が集まっているそうです。

鳥取側には雨滝、海上から上山高原への途中にはシワガラの滝など、周りにはたくさんの滝があり、訪れる人も多いです。
それらの滝までは、急な山道や渓谷沿いの険しい道もありますので、それなりの装備が必要です。

扇の山の滝めぐりもしてみたいですね。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

しっとりと良い雰囲気ですね

扇の山にはまだ一度も行っていません。
何とか行ってみたいものです。

Re: しっとりと良い雰囲気ですね

bhnさん こんばんは(^^)/

> 扇の山にはまだ一度も行っていません。
> 何とか行ってみたいものです。

白馬には何回も行っておられるのにね(^^)

明石からだと、南側の登山口の方がアプローチがいいかもしれません。

bhnさんには物足りないかも?(^^ゞ

新(深)緑と滝

この画面、朝のくつろぎタイムにいいです。梅雨の時期はうっとうしいですが、緑が濃くて、これもまたよしです。

Re: 新(深)緑と滝

ひろせさん おはようございます(^^)/

> この画面、朝のくつろぎタイムにいいです。梅雨の時期はうっとうしいですが、緑が濃くて、これもまたよしです。

ありがとうございます<(_ _)>
天気が良ければ、さらによかったのですが、雨の降ったあとなので、水量もまずまずです。

帰りには滝見の方がけっこう来ておられました。