--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/07/04

深緑の扇の山 畑ヶ平から

久しぶりに扇の山へ向かう。

上山高原への林道が通行止めになっているので、畑ヶ平から登ることにする。

岸田川に沿って林道を登っていく。
深い谷を高巻く林道沿いにはいくつかの滝があり、この滝を目当てに来られる人も多いようだ。

14_6_29_ougi (9)(1)
8:35 登山口を出発。
標高1000m。
ここは鳥取県になる。


14_6_29_ougi (10)(1)
トリアシショウマの白い花。
林道沿いにもたくさん咲いていた。
梅雨の頃に咲く花やったね。

14_6_29_ougi (17)(1)
登山道のすぐそばには広大な畑が広がっている。
トラクターの動く音がどこかから聞こえる。
夏、高冷な気候を利用して大根が作られているようだ。

14_6_29_ougi (21)(1)
ブナに張り付く満開のイワガラミ。

14_6_29_ougi (28)(1)
兵庫県側からの林道と合流し、しばらくその道をあるくと、また山道となる。
大きな杉の木!
そのうち、アシュウスギとなるのだろうね。

14_6_29_ougi (49)(1)
ブナの森は霧の中で幻想的。
大きなブナが多い。

14_6_29_ougi (50)(1)
少し前をご夫婦連れが歩いている。
登山口に車がなかったけど?
階段があらわれると、もうすぐ河合谷からの登山道と合流だ。

14_6_29_ougi (56)(1)
合流して400mほど歩くと山頂。
途中の展望所はガスの中。
ご夫婦を追い抜き、ブナの門をくぐる。

14_6_29_ougi (57)(1)
山頂にはご夫婦一組。
河合谷登山口から来られたようだ。
その人たちもすぐに下りて行かれた。

14_6_29_ougi (58)(1)
父たぬきが無線機の写真を撮る。
カード用だが、この日は無線での交信はできず、
「今日は山で交信できへんかった。」と残念そうだった。

14_6_29_ougi (60)(1)
姫路コースから3組ほど登ってこられた。
ガスがかかり、展望はまったくない。
いつもは避難小屋へ上がってゆっくりするのだが、30分ほど山頂で過ごし、同じコースを下山する。


14_6_29_ougi (81)(1)
時おり日がさすこともあったが、ほとんどガスの中。
扇の山に来た時には、こういう天気が多いなあ。
展望はきかなかったけど、ブナの森を歩けてよかったね。

14_6_29_ougi (88)(1)
小ズッコにある曲がったブナの木よりも太いブナ。
雪で曲がったあとも、元気に生きている。
初めての畑ヶ平コース、歩き足らなかったけど、今日もブナに元気をもらったね(^^)


山行時間
登山口 8:40 山頂 9:40-10:10 登山口 11:05


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。