--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/06/03

多田が岳 福井県小浜市

10日ほど前に小浜の南にそびえる多田が岳に登りました。
若狭の山に行くときにはいつも眺めながらその下を通過しているのですが、登るということもなく何年も経っていました。

妙楽寺という古刹に車を停めさせていただき、支度をして登ります。
その日は地域のリサイクル活動が行われるようで、ご住職が新聞紙などを軽トラに積んでおられます。

多田が岳への標識にしたがって林道を進みます。

14_5_tadagatake (6)(1)
林道の終点に石の橋があり、そこが登山口です。

細い滝を左に見ながら、山腹につけられた道を登ります、

14_5_tadagatake (9)(1)
ロープが随所につけられ、ときどきそれを頼りに登ります。

14_5_tadagatake (12)(1)
何度か渓流を渡り、谷をつめ、急な道を登り・・・

14_5_tadagatake (19)(1)
山腹をトラバースした道が続きます。
炭焼き窯後も数か所残り、昔は村の人たちが炭焼きに通った道が登山道になっているようです。

14_5_tadagatake (25)(1)
標高が低い所は植林が多いですが、登っていくにつれ、自然林の気持ちのいい道になります。

登山道というと、尾根を歩くことが多いですが、ここはほとんどが山腹を横切る道です。
ですから、しんどいと感じることが少なく歩けます。

でも、右足が尾根側、左足が谷側ばかりで歩いていると、少し足が痛くなってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続きます(^^)/





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

その道は多田寺からの道との合流点の少し
手前に、昔は腰の強いツツジがびっしりと
生えていて、幅10cmほどの道でトラバ
ースするのですが、谷側に押し出されて女
性の方は大変なようでした・・・その後徹
底的にツツジが刈られ、その道も良く使わ
れるようになりました・・・
しばらく行ってませんが、私は最近は須縄
の大滝からが殆どです・・・

Re: タイトルなし

もっさん おはようございます(^^)/

多田寺からのコースとの合流手前はそんなことやったんですか!
そんな形跡は全く見られませんでした。

> しばらく行ってませんが、私は最近は須縄
> の大滝からが殆どです・・・

そのコース、調べてみます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。