2014/05/28

緑したたる氷ノ山 後編

三角点の近くに腰をおろし、扇の山を眺めながら、少し早いお昼ご飯にする。

14_5_hyounosen (95)(1)
そのうち、続々と登山者が到着。
20人ほどのグループは記念撮影をしている。

14_5_hyounosen (90)(1)
にぎやかな山頂から東山や3月に登った沖ノ山を眺める。
「次は、東山やねえ。」

14_5_hyounosen (96)(1)
山頂がにぎわってきたので、トイレの二階へ上がる。
そこから三の丸方面。
このなだらかな山容がいい。

来た時に見えていた大山はみえなくなった。

14_5_hyounosen (109)(1)
東方面が少しずつ展望がよくなってきた。
丹後半島の依遅ヶ尾山も確認できる。

妙見山、蘇武岳を眺めながら東尾根方面へ下る。

14_5_hyounosen (116)(1)
古生沼あたりのタムシバはまだ蕾。

ブナも標高の高い所は、まだ葉が出てきたところだ。

14_5_hyounosen (124)(1)
古千本あたりにはまだ雪がたくさん残っている。
「今年最後の雪上歩き!」と言いながら歩いていく。

14_5_hyounosen (127)(1)
神大ヒュッテの前に憩う人々。
ヒュッテのドアが開いている。
大段ヶ平からもたくさんの人が登ってきているようだ。

14_5_hyounosen (139)(1)
緑の空気をいっぱい吸いながら一の谷を下る。

14_5_hyounosen (149)(1)
大段ヶ平への尾根の上にちょこんと顔を出した藤無山。

14_5_hyounosen (150)(1)
ドウダンツツジはまだ蕾。
登山大会の日にはきれいに咲いていることだろう。

無線機からTQFさんの声。
先ほど写真を写した藤無山からだ。
しばらくお話をする。

14_5_hyounosen (166)(1)
快適な尾根を歩いて東尾根避難小屋へ。
ナツツバキ越しに・・・。

14_5_hyounosen (173)(1)
避難小屋からすぐに登山口への階段道を下りる。
途中で、大きなザックを背負った女性二人組に遭う。
頂上の避難小屋で泊まるそうだ。
装備といい、歩き方といい、熟達者のようだ。

14_5_hyounosen (178)(1)
正面に鉢伏山が見えると登山口も近い。

道端の花を写しながら駐車場まで戻る。

緑のシャワーをいっぱい浴びて、元気をもらって帰路に着く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
終わります(^^)/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント