2014/05/26

三昧

若狭の三十三間山や湖北の三重嶽方面へ行くときには、舞鶴道の小浜インターで下りて県道24号線を東へ走ります。

若狭町に入ると、田んぼの中にこんなところがあります。
14_5_14_sanjo_takidani (263)(1)
ずっと気になっていて、「古墳かな?」「それとも、一里塚やろか?」と毎回車の中で思っていました。

それが、NHKのBSプレミアム、「心旅」で取り上げられたのです。
火野正平さんが自転車で旅をするあの番組です。

ここは「三昧」と地元の人が呼んでいるところで、昔はここに亡くなった人を葬っていたそうです。
お手紙を書いた人が子どもの頃は、まだここに葬っていたとか。
他の三昧は山のふもとなどにあるのに、なぜかここだけ田んぼの中にあるそうです。

三昧は、正確には三昧場と言うようです。

番組で取り上げられた後、ここを通りました。
静かな田園地帯に残る三昧。
これからもここでずっとこの姿で残り続けるのでしょうね。

尚、三昧(さんまい)は、仏教で精神集中が深まりきった状態のことを言うらしいです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

日ごろテレビは見ないので・・・
そんな謂れがあったんですね・・・
てっきり小さな祠でもあるのだと思って
いました・・・

Re: タイトルなし

もっさん こんばんは(^^)/

> 日ごろテレビは見ないので・・・
> そんな謂れがあったんですね・・・

私もあまりテレビは視ませんが、この番組は視ています。

> てっきり小さな祠でもあるのだと思って
> いました・・・

道路から見た限りでは祠もありませんね。
ですから、よけいに、何かな、と不思議やったんです。

ここに入ってはいけない、というようなことを言われていたそうですよ。