2014/05/03

二の谷山 車道を歩いて桜峠から水坂峠へ

桜峠には環境センターがあり、次々にごみを積んだ車が入ってくる。
ここから国道367を北へ歩いて保坂(ほうさか)へ。
保坂から水坂(みさか)峠に置いた車に戻る。

1時間ほどの車道歩きは長いなあ、と思いながら路肩を歩く。
その路肩も狭くなり、スピードを出して通り過ぎる車におどおどしながら歩く。

おや、あれは!

14_4_28_ninotani (177)(1) 14_4_28_ninotani (183)(1)


14_4_28_ninotani (187)(1) 14_4_28_ninotani (197)(1)

14_4_28_ninotani (199)(1) 14_4_28_ninotani (200)(1)

ニリンソウ、イチリンソウ、イカリソウ、キケマン、ムラサキケマン、ヤマエンゴサク、エンレイソウ、それにザゼンソウの葉っぱも・・・。

道が狭いことも車道歩きのこともすっかり忘れ、目は道路わきの草むらばかり。

かわいいお花も多いけど、ごみもいっぱい!
ほんまにひどいものだ。

花たちをさがしながら歩いていたら、いつの間にか、保坂の集落まで来ていた。

14_4_28_ninotani (201)(1)
保坂で水坂峠への道に入る。
静かな村だ。

蛇谷が峰や武奈ヶ岳へ行くときに、この367号線を走っているようだが、歩くのと車で走るのとでは全く印象が違う。

14_4_28_ninotani (207)(1)
保坂からしばらくあるくと、金毘羅神社と庚申塚の案内板があるので寄ってみる。

川の方へ下りていくと石の鳥居がある。
小さめの祠がその奥に見える。
灯篭には、は若狭小浜の商人の銘があり、若狭と京都や今津を結ぶ街道であったことを物語る。


14_4_28_ (7)(1)
その少し上流には庚申塚があった。
旅人が休む腰かけ石も残っている。

庚申塚からすぐのところが登山口で、たジムちゃんが待っていた。
朝あった福井ナンバーの車はない。

山の装備を解き、帰路に着く。

二の谷山、思いがけず満開のシャクナゲに出会えた。
今日もいい山歩きができたね。

熊川宿近くのCafeで休み、家路を急ぐ。

・・・・・・・・・・・・・・
これで終わりです。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント