--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/05/02

二の谷山 山頂から桜峠へ

山頂で早いお昼ご飯を食べていると電話がかかってきた。
長い電話だったので、山頂にいる時間が長くなった。

通話を終え、桜峠に向けて出発する。
名残惜しいが、シャクナゲさんともお別れ。


14_4_28_ninotani (103)(1)
東に、琵琶湖が見える。
霞んでいるので空と水面の境が全くわからない。
竹生島はちらっと見える。

14_4_28_ninotani (118)(1)
トレイルは、南へ伸びている。
尾根の東側は植林、西側は自然林でいい雰囲気だ
両側とも自然林なら言うことはないが・・・。

南に蛇谷が峰や比良の武奈ヶ岳が大きく見える。
武奈ヶ岳にはまだ雪があるようだ。


14_4_28_ninotani (133)(1)

尾根はアップダウンが少ないのでしんどくなく、歩行が捗る。
芽吹きの木々のなかを快適に下っていく。

14_4_28_ninotani (138)(1)
高島トレイルのテープが風に揺れる。
年月がたって、このテープもだんだんなくなってきたようだ。

Ca460でトレイルは南東に向きを変える。

14_4_28_ninotani (147)(1)
尾根を下りていくと、採石場の真上に出る。
展望が開け、南に蛇谷や武奈ヶ岳、朽木の谷を挟んで京都の山々。
景色を見ながら小休止。

真下に環境センターが見え、国道を車が行き交う。

新緑の山肌は赤ちゃんの産毛のように見える。

14_4_28_ninotani (160)(1)

急な尾根にはイワカガミ。

14_4_28_ninotani (165)(1)
山頂から1時間10分ほどで環境センターの前にある登山口に降り立つ。

ここから長い車道歩きが待っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続きます(^^)/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

そうそう・・・その退屈な車道脇・・・
1箇所だけハナネコノメがあるのですが・・・
説明のしようがないほんの狭い場所でした・・・
まだ、あるかな?

Re: タイトルなし

もっさん こんばんは(^^)/

> そうそう・・・その退屈な車道脇・・・

それがそれほど退屈ではなかったんです(^^)

> 1箇所だけハナネコノメがあるのですが・・・
> 説明のしようがないほんの狭い場所でした・・・
> まだ、あるかな?

えー、ハナネコノメがあったんですかぁ!
それは見つけられなかったです。
もっとよう見たらよかったですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。