2014/04/05

残雪の沖ノ山(おきのせん) 完結編

天気がよくそれほど寒くない。

もっと展望を楽しんでいたいところだが、下山のコースの状況も気になる。
そろそろ下りよう!

14_3_28_oki (104)(1)
氷ノ山や三室山、東山を眺めながら下っていく。

14_3_28_oki (107)(1)
山頂東のピークで、3人連れの方々に出会う。
西粟倉の方らしい。
同じコースを、お一人(男性)はスキー、お二人(女性)はワカンで登ってこられたようだ。


14_3_28_oki (108)(1)
カラマツ林の向こうに氷ノ山。
これで見納めかなぁ。

14_3_28_oki (112)(1)
若いブナが多い。

14_3_28_oki (120)(1)
県境の三角点峰(1196.3m)から沖ノ山を振り返る。
午後になって陽ざしはますます強くなり、朝よりもさらに輝きをましたように見える。


14_3_28_oki (126)(1)
県境尾根を少し歩くと、吉川越えの標識。
矢問さんはここから北へ歩かれたのかな?
(ここは歩かれていないようです)

14_3_28_oki (128)(1)
県境尾根の鳥取側は植林、岡山側はブナの原生林。

14_3_28_oki (132)(1)
吉川越えからさらに歩いていくと、若杉原生林の研究路の標識がある。


14_3_28_oki (135)(1)

さらに歩くと、大きな看板。
研究路を歩こうかとおり始めたが、雪で道がわからない。
再び県境尾根を歩き、若杉峠をめざす。

14_3_28_oki (147)s(1)
木の間から、白い扇の山。

尾根の雪も解け始め、木の階段が覗いているところもある。

14_3_28_oki (157)(1)


山頂から2時間余り、見覚えのある東屋に到着。
若杉原生林オフの時にやまあそさんがオカリナを演奏したっけ。
もう9年前のことなんやね。

くらますが近い。
氷ノ山もこれでほんまの見納め。

14_3_28_oki (161)(1)
東屋から下ったところが若杉峠だ。

14_3_28_oki (163)(1)
お地蔵様とも久しぶりの対面だ。

14_3_28_oki (171)(1)
峠から谷を下る。
どこでも歩けるが、ときどきスノーブリッジがあるので、要注意。

14_3_28_oki (178)(1)
下の方まで下りてくると、雪解け水が勢いよく流れている。

14_3_28_oki (180)(1)
峠から30分、休憩舎に着く。

駐車場に帰ると、車が3台に増えている。
一日中好天に恵まれ、残雪の沖ノ山を楽しむことができた。

余韻に浸りながら帰路に着く。

若杉原生林 7:55~沖ノ山10:35-11:15~若杉峠12:20~駐車場14:04

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント