2014/01/25

大藤山(加古川市)へ その1

日曜日は積雪10cm。
まだ雪が降り続いている。
天候のよさそうな南へ車を走らせる。

南下するつれ、雪の量が減っていく。
大藤山という名は、やまあそさんや他の方のレポートで見かけたが、場所や登山口がよくわからない。

長楽寺というお寺から登れるらしいので、長楽寺を目指す。

と、目の前に尖った山が見える。
「あれは何山?」と言うと、父たぬきが、「高御位(たかみくら)やんか。」

ああ、そうか大藤山と高御位山ってこんなに近かったのか!
人気の高御位の北に位置する山なのだ。

長楽寺への道からは、正面の山肌に堰堤工事が見える。

長楽寺の駐車場に着くと、すぐ下のグランドでは少年野球の練習の声。

身支度をして、歩きはじめる。
木魚の音とお経の音が聞こえる。

階段を上るとそこには本堂はなく、台風で壊滅的な被害を受けたことを書いた看板。
崩れたところをまず工事しているようだ。

石仏コースを歩いて大藤山を目指す。

14_1_19_ohuzi (10)(1)
木魚の音を聴きながら登山道に入る。

14_1_19_ohuzi (16)(1)
竹藪を抜け、少し歩くと休憩所に出る。

雪で霞んだ先に明石海峡大橋。
そういえば、1月は大橋の見える山ばかり歩いているなあ。

14_1_19_ohuzi (20)(1)
南に展望が開けたところから高御位山が大きく見える。
あちらも雪がちらついているようだ。

南の方は天気がいいかなと思ったが、太陽は雲の上。

14_1_19_ohuzi (21)(1)

14_1_19_ohuzi (23)(1)
大きな岩が目に入る。

その下に石仏。
DQKのアンテナの支柱の陰にも小さな石仏が見える。

石仏からは高御位山がよく見えるが、だんだん見えなくなってきた。

石仏をあとに大藤山をめざす。

・・・・・・・・・・・・・・・・
続きます(^^)/



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント