--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/01/11

小野アルプス陽だまりハイク 後編です

アザメ峠から峠から総山を目指します。

15分で三等三角点の総山(168,4m)に到着。

いったん下って、次のアンテナ山へ。

14_01_05_ono (54)(1)
岩の多い尾根は、陽あたり・展望抜群!

14_01_05_ono (55)(1)
171,6mのアンテナ山に到着。
明石海峡大橋や播磨灘を一望。
写真は北摂方面。

14_01_05_ono (59)(1)
淡路島、明石大橋方面。

14_01_05_ono (63)(1)
トレイルランの男性が走り去って行かれたので、その後を追うように出発!
ツツジの多い尾根ですね。
咲いている花もありました。

14_01_05_ono (71)(1)
アンテナ山から10分ほどほどで惣山(198.9m)です。
ここで昼食。
風のこない山頂の南側でザックを下ろします。
真下に山陽自動車道。

14_01_05_ono (72)(1)
権現ダムや高御位山、志方城山、飯盛山などがよく見えます。

惣山の頂上からは、木の間から北に白い山々が見えます。

お昼ご飯を終え、紅山をめざします。
植林の急坂を下っていると、男女3人連れとすれ違いました。

林間広場に下り、いよいよ紅山です。

14_01_05_ono (85)(1)
この岩の斜面が小野アルプスのメインでしょう。

下りるのは怖かった記憶があります。
登りはどうやったかなぁ?

14_01_05_ono (87)(1)
一枚岩の急な登りですが、見た目よりもグリップがよく、登りやすいです。

しかし、凹凸が少ない所はどこに足をかけようかと思いながら登っていきました。

(斜面の西にエスケープルートが作られているようです)

途中からは四つ這いで「三点確保!」と言いながら登っていきました。

中腹でひと休み。
山陽道を走っていると、この紅山を登っている人を見ることがあります。

14_01_05_ono (91)(1)
ようやく山頂(182,8m)

14_01_05_ono (94)(1)
東に惣山。

14_01_05_ono (96)(1)
山頂のポストには、来住小学校三年生の「里山のヒミツ」が入っていました。
総合学習で学んだことをまとめたものでしょう。

14_01_05_ono (100)(1)

14_01_05_ono (101)(1)

14_01_05_ono (103)(1)
山頂から南の展望がすばらしい!

14_01_05_ono (104)(1)
下を見ると、これからの登ろうとする人が見えます。

北の方や北摂の山々は時雨れているのか、見えなくなってきました。

14_01_05_ono (112)(1)
紅山から北へ下り、古墳を見学。

ハイキング道を岩倉入口へ歩きます。
途中でフユイチゴを摘んでいる人がいました。
「ジャムにするとおいしいですよ~。」
と言われ、ご夫婦でたくさん採っておられます。

14_01_05_ono (4)(1)
女池まで戻ると、コハクチョウやカモたちがたくさん。
近寄ると、餌をもらえると思ったのか、寄って来ました。

14_01_05_ono (7)(1)
男池にもたくさんのカモたち。

何というカモなのかわかりませんが、かわいいですね。

9時半出発、14時駐車場着。
久しぶりの小野アルプス、楽しく歩けました(^^)

帯状疱疹がまだすっきりしない時には、こういう陽だまりハイクがいいですね。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。