2013/12/10

千丈寺山(三田)その2

北の展望を楽しみながらひと休み。
風が吹くと寒い。

13_12_7_senjozi (7)(1)
柴田ファームや山上のゴルフ場、母子の愛宕山も見える。

ひと休みしたところからすぐに北千丈寺山(580m)と書かれたプレートが下がったピークに着く。
雑木に囲まれた静かなピークだ。

14年前のオフの時には峠の手前で谷に入り、急なところを尾根に出たと記憶している。
「このあたりに出てきたような気がする。」と話しながら歩いていると、東側が整備された明るい空間に出る。
乙原からの道が上がってきている。

13_12_7_senjozi (10)(1)
ちょっと下ったところに懐かしい祠が!
松住権現である。
ネットで検索すると、乙原の天狗の森というところから道があるらしい。

「ここでお昼ご飯を食べたねえ。」
天気が良いのと整備されているので明るい。

13_12_7_senjozi (13)(1)
岩の多い尾根を千丈寺山へ向かう。

13_12_7_senjozi (14)(1)
東の展望がいい。
大船山がひときわ大きく目立つ。

13_12_7_senjozi (15)(1)
千丈寺山に到着。
まず、岩の下の祠にお参りする。
「オフのときはこんな祠があったっけ?」
岩の上を歩いていて気が付かなかったのか、それとも後からできたものか?
「岩がご神体やね。」

13_12_7_senjozi (16)(1)
岩の上に出るとそこが山頂である。
千丈寺山ってこんなところやったかなぁ。
記憶がすっかり飛んでいる。
山頂には一等三角点(589.6m)。

13_12_7_senjozi (18)(1)
岩の上から北を眺める。
右は大野山、中央は弥十郎が岳かな。

13_12_7_senjozi (19)(1)
多紀連山の西が岳、御嶽、小金が頭を出している。

無線機からCQが聞こえるので父たぬきが応答している。
堺市の蘇鉄山から山ランのJFFさん。
私も交信し、山頂を後にする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続きます(^^)/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント