2013/12/09

14年ぶりの千丈寺山(三田)

メーリングリストの低山徘徊派(teihai)のオフで行った三田の千丈寺山。
2000年1月30日なので、14年近く経っている。

かねちゃん、貴公子さんにお世話になり、北から南へ歩いた。
初めてお会いした芳村さん(変愚院さん)ご夫妻、dameちゃん。
teihaiの主催者、あきゆきさん、かねちゃん、貴公子さん、佐竹さん、島田さん(やまあそさん)という顔ぶれで、楽しい一日を過ごした。
(その時のレポートは、あきゆきさん、かねちゃんのHPにあります)

何度も何度も近くを通ったり、近くの山を歩いたりしている。
そのたびにオフのことを思い出し、また登りたいな、と思っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下青野の大堰橋の南の駐車場に車を停める。
バス釣りの人が停めるのか、マナーを書いた看板が立てられている。

13_12_7_senjozi (1)(1)
西に大谷山を眺めながら北の上の青野まで歩く。
陽がさしていないので寒い。
三田は兵庫県下で一番冷え込むところだ。

13_12_7_senjozi (2)(1)
東は千丈寺山。
麓の農家には立派なウド小屋がたてられている。
三田はウドの産地である。

13_12_7_senjozi (3)(1)
30分ほど歩いて住宅地の中を東へ入り、峠をめざす。
大雨のあとは川になるのだろう。
道はがれている。

分岐で要注意のところがあり、黄色いテープが峠へ導いてくれる。

13_12_7_senjozi (4)(1)
東へ下ると乙原へつながる峠から南へ登る。

しばらく急登が続く。

13_12_7_senjozi (6)(1)
視界が開けてくると、峯が畑や母子の三国ヶ嶽が北にすっきりとした姿を現す。
峯が畑の西にある柴田ファームも見えてきた。

頂上に天体観測所をのせた大野山も近い。

傾斜が緩んだところで展望を楽しみながらひと休みする。


・・・・・・・・・・・・・・
以後、続きます(^^)/



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご無沙汰・・・

もうすっかりあちらの山もこちらの山もご無沙汰ばかり・・・
レポートが書きかけで未完レポート集が出来そう・・・
来年は何とかこの未完分を再訪して、完了に半分でも出来たら
と思ってますが・・・鬼が笑ってます・・・

Re: ご無沙汰・・・

もっさん こんばんは(^-^)/

> もうすっかりあちらの山もこちらの山もご無沙汰ばかり・・・
> レポートが書きかけで未完レポート集が出来そう・・・

私もHPの方は更新もせずそのままです。

> 来年は何とかこの未完分を再訪して、完了に半分でも出来たら
> と思ってますが・・・鬼が笑ってます・・・

ははは、もっさんのことですからきっと完成されますよ(^-^)