--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/24

緑滴る氷ノ山 その2

IMG_2945(1).jpg
最後の登りの前に振り返ると、扇の山のなだらかな稜線が目に入る。
ここから雪は見えないが、きっと残っているのだろうな。

IMG_2949(1).jpg
およそ2時間半で山頂に立つ。
まだそれほど登山者は多くない。


IMG_2952(1).jpgIMG_2953(1).jpg
暑いのでトイレの2階へ上がる。
若者3人が入れ替わりに下りていく。
お昼ご飯を食べていると、男性2人連れが上がってくる。

三の丸方面がきれいだ。
双眼鏡で覗くとこちらへ歩く人が見える。
三室山や後山など、なじみの山々が霞んでいる。

風が通り抜け寒くなってきたので、山頂に戻る。

IMG_2956(1).jpg IMG_2959(1).jpg
鉢伏山方面を眺めると、高丸山の斜面が黒い。
山焼きをしたのだろう。
双眼鏡で氷ノ越を見るとたくさんの人が見える。
同じ色の帽子をかぶっているので小学生だろう。
文回し尾根を歩いてくる人の列も見える。

ほどなく、先頭の子どもたちがやってきた。
それをしおに、東尾根方面へ向けて下山する。




IMG_2961(1).jpg IMG_2962(1).jpg
頂上直下、北側斜面には小さな雪田が残っている。
麓から見えた雪の帯はこれやったんや。

咲き始めたタムシバを眺めながら古千本を歩く。

IMG_2969(1).jpg IMG_2978(1).jpg
一の谷のあたりに雪がないかなと思ったが、全く残っていない。
ブナの新緑の匂いをかぎながら下りていく。

ドウダンツツジはどうやろ?と見てみると、たくさんの蕾が下がっている。
今年は表年のようだ。

これまで気がつかなかったが、東尾根コースにはナツツバキも多い。
花の頃に来れば、甘い香りがするだろう。

IMG_2987(1).jpg
緑のプロムナードを歩く。
いつ歩いても気持ちのいいところだ。

IMG_3012(1).jpg
東尾根登山口が近づいてきた。
正面に鉢伏山が大きい。

登山口近くの逆水キャンプ場には新しいトイレができている。

林道沿いに咲くかわいい花を眺めながら親水公園まで戻る。

緑のシャワーをいっぱい浴びた一日だった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

盗掘の一件がなければ・・・・

もっと素晴らしい一日だったでしょうね。
でも、緑のシャワーでそのようなことも流されてしまったでしょうか、

すがすがしい新緑の画像で、私も気持ちが良くなりました、お疲れ様でした。

Re: 盗掘の一件がなければ・・・・

bhnさん こんばんは(^-^)/

> もっと素晴らしい一日だったでしょうね。

そうなんですよ!
我々の後に山頂に到着して何食わぬ顔でご飯を食べておられました。

> でも、緑のシャワーでそのようなことも流されてしまったでしょうか、
> すがすがしい新緑の画像で、私も気持ちが良くなりました、お疲れ様でした。

ありがとうございます(^-^)
この週末あたりがドウダンツツジの見頃かも、です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。