--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/02/27

本天王坂から霧山へ

土曜日の午後、ちょっと時間が空いたので近くの霧山を歩いてきました。

中央分水界から少し西にある城跡です。

これまで何度も歩いていますが、今回は市辺から本天王坂から霧山へ歩きました。

IMG_0993(1).jpg
市辺の村の奥にある氷上高年低山会の道標の前に車を置いて歩き始めます。

IMG_1000(1).jpg
谷には堰堤が3つあるので、いちばん上の堰堤を登り、堰堤の上を左に歩きます。
(二つ目の堰堤の上に、野山坂と本天王坂への分岐があります。)

IMG_1004(1).jpg
谷にある踏み跡を辿ると本天王坂に出ます。

IMG_1008(1).jpg
中央分水界の尾根をしばらく歩きます。

IMG_1011(1).jpg
分水界と分れ、山腹の道を霧山へ。
歩き始めてから1時間もかからずに山頂(371.7m)へ。

IMG_1019(1).jpg

南の展望


IMG_1020(1).jpg
西には弘浪山が大きいです。

IMG_1022(1).jpg
南西の展望。
加古川がゆるやかに流れています。

IMG_1027(1).jpg
向山連山と左奥には多紀連山。

IMG_1033(1).jpg
下山時に氷上盆地を見下ろします。
インターやゆめタウンが良く見えます。

IMG_1037(1).jpg
甲賀山と森山、そして雪に霞む竜ヶ岳。

IMG_1040(1).jpg
下山のコースは岩が多く、こんな岩も・・・。

IMG_1043(1).jpg
高見城山(右)と石戸山。

IMG_1045(1).jpg
尾根から谷へと下ります。

IMG_1050(1).jpg
下りたところは二宮神社。
経塚があります。

IMG_1051(1).jpg

IMG_1056(1).jpg
霧山遠望。

この日は雪の舞う寒い日でしたので、北はずっと雪の空でした。


kiriyama1_tizu.jpg
青い線は、中央分水界です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。