2012/09/26

こまこちゃんと登った駒の尾山 その1

一昨日の月曜日、寝坊して行先変更して駒の尾山あたりへ。
千種高原から登ろうと地図を用意し、中国道を西進。

いつもは山崎ICで降りるのだが、たまたまナビで行先を指定すると作用で降りろという指示。
「今日は違うルートでいこか。」ということに・・・。
これが間違いのもとというか、正解やったというか・・・(??)

作用で降りると、武蔵の里、大原へ入れという指示。
ナビは情報が最新でないので、鳥取道を知らない。
鳥取道と並行しながら一般道を大原へ。

ここで、ナビの指示に従わず国道429へ。
峠を越えて千種へ出る予定だったが、心変わり。

「駒の旺山荘から登ってみよう。」
登ったことのないルートです。

標識に従って駒の旺山荘へ。
山荘手前で1頭の犬が待っている。
リードははずされているが、首輪はしているので飼い犬だろう。
その犬が車を追いかけてくる。


登山口の近くに車を停めると、すぐに寄ってきて離れようとしない。
準備をして登るころにはいなくなったのでひと安心。

IMG_8317(1).jpg
中国自然歩道と書かれた標識のある登山口からさあ出発!

歩いていると、
ハアハア・・ガサガサ・・・という音。
なんと、先ほどの犬がやってきたのである。
つかず離れず、ずっと一緒に登っていく。
駒の旺山荘にいたので、こまちゃんと勝手に名付ける。

IMG_8320(1).jpg
石と見まごうばかりの大きなカエル。
父たぬきは左足を踏みそうなところを歩いていた。

IMG_8321(1).jpg
一つ目の林道終点から登山道へ。

IMG_8324(1).jpg
谷沿いに歩いていく。
古い石段が残っているが、自然歩道になる以前のものだろう。


IMG_8328(1).jpg
二つの林道に出る。

林道を東方向へ歩く。
こまちゃんもさっさと我々を先導してくれる。

でも、なんかおかしいような(+_+)

「こまちゃんの先導で歩いて、こまったことになるんちがうの?」とギャグを交えながら、歩くこと10分ほど・・・。

(続きは、次項に)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 前を歩いておられるのがDQKさんですよね。どこかの山ガールさんかと思いました。v-8

以前、山頂手前までついてきましたよ

払っても払ってもついてきました。
雪の時でしたが、稜線に上がってもついてきて、殆ど山頂と言うところまで来てその後見えなくなりました。

Re: タイトルなし

だっちゃん こんばんは(^^)/

>  前を歩いておられるのがDQKさんですよね。どこかの山ガールさんかと思いました。v-8

ははは・・・
山おじんです(^^ゞ
細いので女の人に見えるかな(*^_^*)

Re: 以前、山頂手前までついてきましたよ

bhnさん こんばんは(^^)/

> 払っても払ってもついてきました。
> 雪の時でしたが、稜線に上がってもついてきて、殆ど山頂と言うところまで来てその後見えなくなりました。

はい、このあとどうなるかは、続きをお楽しみに(^^)/


まぁ! こまちゃん
どこまで付いていくのでしょうか?

心配+興味津々=次回のブログが楽しみ!

ちぐささん こんばんは(^^)/
少し元気になられましたか。
こまちゃん、とっても優しい目をしていました。
ユキちゃんのようにね(^^)

このあと、その2、その3と続きます(^^;


あれっ?

2回目に林道に出たらそのまま渡って向かいの斜面を登るのがルートだったと思いましたが。

谷を半分くらい登ったところで左に斜めの道が切ってあって尾根に出るはずでした。

石段が残っているような残っていないようなちょっと急な尾根をそのまま登っていくのがルートだったでしょうか。

しばらく行っていないので不正確かも知れません。

Re: あれっ?

bhnさん こんばんは(^^)/

> 2回目に林道に出たらそのまま渡って向かいの斜面を登るのがルートだったと思いましたが。

二つ目の林道に出る道が大雨の影響か、崩れていてわかりにくく、その先から林道に出たのです。
出たところから登山道の取り付きが見えず、ほんの100mも行かずに正規の登山口に出るのに、その反対側へ歩いてしまったんです(*^_^*)

> 石段が残っているような残っていないようなちょっと急な尾根をそのまま登っていくのがルートだったでしょうか。

そうなんです!
下山はその道を使いました。

その道で登っていたら、もっと早く山頂についていたんですが(^^ゞ