2015/12/11

今朝は、幻の滝ができていました(^^) 

夜中から明け方にかけて、かなり降ったようです。
畑は水浸しになり、家の前の溝は轟々と音をたてて流れています。

雨がやんだので、ちょっと歩きに出ると・・・
15_12_11_ (4)(1)
弘浪山の山腹に白い筋。

15_12_11_ (5)(1)
大雨の時にだけできる滝です。
久しぶりに見ました。

しばらく経つと消えてしまう幻の滝です。






スポンサーサイト
2014/12/17

この景色がいいね

14_12_14 (9)(1)
いそべ神社から千代田池のそばをとおる道から見えるこの景色。
中央分水界の山の向こうに弘浪山。
東峰山、篠ヶ峰、白山、岩屋山、高釣瓶へと南に続く山々の景色がいいんです。
ここには写っていませんが、高見城山も南東に見えます。

14_12_14 (13)(1)
藤ノ木橋からは、北に一の山や権現山。

丹波の山々は、すっかり冬の様相。
この冬枯れの景色もいいですね。

2014/11/16

狩猟解禁です

昨日から、狩猟が解禁になりました。
丹波の山へ入られる時は、目立つ服装、音の出るものなどを携帯し十分気をつけて歩いてくださいね。

14_11_1_otawa (20)(1)
2014/11/15

三嶽のふもと大たわまで

昨日、父たぬきが三嶽と小金が岳の間にある大たわに行ってきました。

14_11_1_otawa (5)(1)
火打岩からの林道。

14_11_1_otawa (9)(1)
晴れていると、山肌がもう少しきれいに見えるのでしょうが・・・。

14_11_1_otawa (8)(1)
きれいに黄葉している木もあります。

14_11_1_otawa (15)(1)
大たわから北方面。

14_11_1_otawa (17)(1)
駐車場わきのもみじがきれいに色づいていました。

三嶽は、黄葉の山として山渓に紹介されていました。

今週末辺り、見頃なのでは、と思います。


2014/06/09

丹波槍 高見城山

14_6_7_ (5)(1)
 
年輪の里から見た高見城山。
見る方向によっては、もっと尖って、まさに丹波の槍ヶ岳のような姿に見えることがあります。

昨日、某会でこの山にあったお城について話をききました。
すぐ南のピーク(山頂の左に見える鉄塔)からは、古銭が発掘されています。

戦国時代、この山を舞台にどんな光景が繰り広げられたのか・・・。
知っているのは、高見城山だけ。

丹波の歴史はなかなかおもしろそうです(^^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。